第68回研修会「楊名時先生の気」

楊名時太極拳を学びたい 楊名時太極拳 24式 八段錦  第68回研修会 「楊名時先生の気」  2018年5月13日(日) 01 楊名時太極拳を学ぶならココ 楊名時太極拳24式 八段錦

 去る5月13日(日)、愛知・常滑の杉江満寿夫師範を特別講師としてお迎えして、第65回の指導者研修会を行いました。タイトルは「楊名時先生の気」。

杉江師範は気との出会いを通じて、<気は教えてもらわないと分からない>ことを痛感したことから、実際に気を体験してもらい、楊名時先生の太極拳をより深く理解して頂きたい、という趣旨で開かれた特別研修会でした。

 当日は本降りの雨でしたが、実演を応援して下さる杉江教室の仲間10名が加わって会場いっぱいの70名集まり、熱気が溢れていました。映像と資料を使った3時間におよぶ研修会でした。

杉江師範は

1.初め「気」は信じていなかったが、科学実験で気の存在を知り、気功の先生について勉強をしました。

2.その後、ユリ・ゲラーと楊名時先生との出会いがあり、誰も真似のできない天才の気のパワーを感じました。残念ながら、楊名時先生は太極拳で気の感じ方を教えなかった。そのため、楊名時先生没後、太極拳指導者の気のパワーが弱くなっている。

3.楊名時先生の血を受け継いでいる楊砂織師範は、気のパワーが強いと話されました。

そして、気の感じ方のエクササイズの始まりです。掌での気感、輪になっての気の交換、スプーン曲げ、オーリングテストなど行いました。スプーン曲げではあら不思議、殆どの人が曲がりました。また、オーリングテストではスマホを掌に載せると指のオーリングはすぐ外せれれるのですが、掌にを送ったりまたはパワーストンを載せると外れないことも分かりました。気の通りが悪いと簡単に外れるのです。

 私が最も印象に残ったのは、映像での怒り・悲しみなどの言葉やマイナスの顔の表情を見ただけで、オーリングが外れることでした。楊名時太極拳は癒しであり、皆でやる組場帯功であり、人を幸せにするものです。楊名時太極拳を愛する私たちは、常に笑顔でありたいと痛切に思いました。

 参加者一人ひとりが気の出し方・気の感じ方を体験できた、大変有意義な研修会で、好評を博しました。

   

楊 麻紗記

楊名時太極拳を学びたい 楊名時太極拳 24式 八段錦  第68回研修会 「楊名時先生の気」  2018年5月13日(日) 02 楊名時太極拳を学ぶならココ 楊名時太極拳24式 八段錦

コメント

PAGE TOP