犬山成田山太極拳奉納演舞

楊名時太極拳を学びたい 楊名時太極拳 24式 八段錦  「犬山成田山太極拳奉納演舞」 中本 恵子記 2018年1月17日 01 楊名時太極拳24式 八段錦

1月17日、大口町太極拳協会一行48名で、犬山成田山に初めて初詣に行きました。事の起りは、昨年大口町太極拳協会は30周年を迎え、記念交流会を行いました。その折、師家楊麻紗先生、常滑の杉江満寿夫・潤子先生ご夫妻とご一緒に、犬山成田山・成田山貞照寺に参拝しました。

後日、会員さんから行ってみたいという声が上がり、今回の運びとなりました。8時55分、小雨の中「成田山貞照寺」へ。この寺は我が国の女優の祖といわれる川上貞奴が、私費を投じて建立し、諸芸上達・芸能の寺として、今でも芸能人が多数参拝にみえます。 

そして「犬山成田山」へ。雨の中信徒部の青山光峰様のお出迎えを頂き、一同鐘楼堂前に進み奉納演舞が始まりました。合掌・立禅・ソワイショウ・八段錦・太極拳24式へと進むに従い、皆の気もいよいよ高まり一つになりました。新春に相応しく、清々しい気持ちの良い時間が流れました。 

続いて一同坐する中、護摩祈祷の読経が始まりました。心と体に染み入る響きに包まれて、穏やかな祈りが続きました。読経の後に頂いたお抹茶の美味しかった事。また、宮本主監様にお言葉を頂き、更に感激しました。

その後、名古屋市内に入り昼食。復元工事中の「名古屋城本丸御殿」では、白木造りの部屋の香り・豪華さ・精密さに目を見張り、伝統技術が受け継がれてきた時の流れに、ひと時思いを馳せました。

雨も上がり煙る名古屋城を後に、熱田さんで親しまれている「熱田神宮」へ。ここでは普段立ち入れない社殿の中に入り、玉串をお供えして一同参拝し、お神酒を頂きました。そして、社殿横から「心の小径」を巡ると、そこはこんもりとした古墳のようになっており、戦時下に作られた防空壕であったそうです。この防空壕のお陰で空襲の戦火から大切な神器が守られたとのお話は、驚きでした。

お仲間と巡った初詣により、太極拳に相通ずる貴重な体験ができましたのは、毎年金助祭りでお世話になっています、福玉精穀倉庫㈱・大縣神社・成田山・堀尾史蹟顕彰会事務局長などを兼任されている今枝達夫様のお心配りによるものです。それぞれにご丁重なお出迎えやご対応を頂き、恐縮致しました。良いご縁を結んで頂き、心より感謝申し上げます。

                        大口町  中本 恵子記

楊名時太極拳を学びたい 楊名時太極拳 24式 八段錦  「犬山成田山太極拳奉納演舞」 中本 恵子記 2018年1月17日 02 楊名時太極拳24式 八段錦

コメント

PAGE TOP